スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

いっい湯だな~♪はははん~♪



んで、鳴子なんですよ。前回書いたように、集中講義の一環で鳴子温泉の調査に行ったわけなんです。・・・ってか書いてから、もはや10日も経ってるわ。びっくり!!



ってわけで、鳴子の基本情報としては、僕はぜんぜん知らなかったけど、ちょいと昔は、九州の湯布院とかと並んで、日本でも有数の温泉地で、一時期は年間400万人の観光客が訪れるなかなかの観光地だったそうです。

で、現状としては、ほとんどのホテルが団体客をターゲットとした宴会型のホテルを展開してて、それが流行ってた頃ってのは全然問題なかったんだけど、最近てのは、団体で行くよりも少人数グループとか、2,3人で行くのが多いらしくて、さらに、宴会よりも、「ひなびた温泉地」、「歩いて楽しめる温泉地」ってのが好まれてるらしいのです。

ってそんな感じで、鳴子は今の流行とうまくマッチングしてないってのが問題になってて、年間観光客も200万人にまで減少しちゃってると。じゃーどうしようかってのが課題になってるそうなんです。



ってことで、実際に見てみようということなんです。


・ ・ ・ ・


はい!!とりあえず、駅に着きました。


13.jpg




電車から降りるといきなり、なかなかの自然なんです。山あり、川あり、緑あり、田んぼありで。


「なかなかな所じゃないですか」と若干テンションも上がってきますよ。



で、駅を降りると、いきなり温泉のにおいがすげーぜ。ってなるほどの硫黄臭がします。温泉地に来たって感じがします。またまたテンション上がります。



んで、メインになる通りのほうへ向かいます。



4.jpg



・・・だけど、駅前の通りなのに活気がない。むしろ、民家か!!てぐらい生活感ぷんぷんなんです。これじゃ観光できた人悲しいですよ。

鳴子温泉の特徴として、大型ホテルが多いため、ホテルの中だけで1泊を完結することができ、宿泊客が街中を歩くってことがあまりなかったため、温泉街っぽい雰囲気があまり作られてないってゆうのが、大きな問題なんです。


んだもんだから、メイン通りを通ったんだけどやはり雰囲気が温泉地って感じがしない。

僕の地元の商店街とあんま変わんないし・・・ってゆうちょっとがっかりなメイン通りでした。


5.jpg


先生がめっちゃ愚痴ってた、メイン通りに建ってる使われてない建物。「こんなのさっさと壊しちゃえばいいのに。」ってぼそぼそ言ってました。

確かに、ホテル周りにいっぱいあんのにこの気味の悪い建物は・・・若干テンション下がりました。



・・・って悪い面ばかりが目立つこともありますが、基本はすごいんです!!

やはり、強調すべきは温泉。日本にある11種類の温泉のうち9種類が、鳴子で湧き出してるんだって。


それに湧き出る量もハンパない。


その辺の道端からぼこぼこ湧き出てきてるんです。我が家にも1本ぐらいひいてもらいたいもんですよ。


湧き出して、そのままどぶに流れてるんですよ。温泉が。


考えられません。




それに、歩いてると、所々に、無料では入れる足湯があるんです。すごいよね。この辺もっとアピールしたいとこだよね。

ってことで入ってみました。



IMGP1361.jpg



やはり温泉、気持ちいいね♪





最後に空間生らしく、早大教授の建築家が設計したらしい「早稲田桟敷湯」見学してきました。

<19.jpg



見た目はなんとも言えない感じでしたが、アプローチやら中やらなんやら魅力たっぷりな共同湯でした。


20.jpg





って感じで、有意義な鳴子探検になりました♪


これから徐々に鳴子温泉変わっていくらしいんで、みんなちぇけらしていきましょう。



たいして面白くもないことだらだらと書いたけど、自分的には大満足!!!



次回は、夏休みのグズグズっぷりを徒然なるままに書き綴っていきたいと思います。





おわり


スポンサーサイト

2006/08/22 03:09 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。