スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

KY法


枝豆って旨いね。大学入るまで豆類ってあんま好きじゃなかったんだけど、最近豆類のおいしさがわかってきた。
なんかわかんないけどどんどん口に吸い込まれていくね。


んでーいきなしだけど、KJ法の話。

授業で習ったけど、これって川喜田次郎氏が考えたから、KJって名前なんだね。Kawakita JiroでKJ。おしゃれ。ラップとか歌う人じゃないんだよ!!

カードにいろんな情報を書いて、それをグループ化することでアイデアを生み出すってゆう発想法らしいんだけど、そうゆう手法に自分の名前とかつけてみたいもんだね~KY法みたいな。

ってことで!!!!


小川真理子推薦図書その3【稼ぎ出すアイデア脳】
040.jpg

いきなしやばい本に出会ってしまった!
おがやんの家で、机の上に散乱していたこの本を発見し、借りてきてしまったこの本。マジあの家は宝の山が眠っている!!

中身はと言うと、非常に論理的な構成になっていて、著者がなぜこうゆうことを提案したいのか、なぜこれが大事なのか、ということを一つ一つ納得しながら読んでいける。

自分はいつも本読むときに、「なんでだ」と思いつつ、ゆっくりひとつづつ理解しながら読んでいくから、読むの時間かかって、しかも集中しないとだからちょっとしか読めなくて、こうゆうの読むと1週間ぐらいかかるんだけど、これは本自体の構成もいいし、書き方もうまいから、スムーズに理解しながら読むことができて2日ぐらいで読めた。
しかも、けっこう少ない文で1つのケースがまとまってるから、ちょくちょく読むのやめる自分には最適だった。芸人のネタ本みたいな感覚だねー。

本全体は大きく2部の構成になってて1部が「アイデア体質の人とアイデア欠乏症の人の違いはなんなのか?」ってことが対比的にかかれてて、2部が実際の事例を通して、こうやって考えればいいアイデアが生まれるってことが書かれてる。

つまり何ががいいたいってゆうと、すごい読みやすいってこと。本読むの苦手な人でも気軽に読めるつくりになっている。仕事してる人向けだから、電車の中とか休み時間とかのちょっとした時間に読めるようにするためか?
やるな。

さらにこの本のいいところは、何をしたらいいかが具体的に書かれてるところ。

当たり前の話だけどアイデア発想をするのにいきなりいいアイデア出そうと思ってもなかなか出てくるもんじゃない。だから、大事なのは、アイデアを発想する以外の日常の生活のなかででどうゆうことをするかってこと。

ってまあそうゆうことは誰でも考えてるわけで、この本ではその日常のなかでどうゆうことをしたらいいのか、考えたらいいのか、どうゆう心構えでいればいいのかってことが書かれてるわけなの。

よくよく考えれば、「そんなの当たり前にやってるし!」ってものもあるけど、ちゃんと文章化されてて、しかもどうしてこうするとアイデア発想体質になるのかって説明もちゃんとされてるから、「自分がやってたことはこうゆう根拠があってのことなんだ」、って確認できるし、「自分がやってたことは間違ってなかったんだ」って自信にもなる。
ほかにも日常生活の中でこんな考え方があったかってゆう、新たな発見もあるのでいい刺激になった。

ここに書かれてることちゃんとしっかりやっていったら普通にいいアイデアぼんぼん出てくるんじゃないかって普通に思った。
ちょっと読んだだけでも、今考えてるアイデアが色々な発展できるって気づく。
即戦力的なことも書かれてるし、長いスパンをかけて実力を高めることも書かれて、1冊で二度おいしいって感じられた。

そんなわけで、難しいことががんがん書かれてる小難しい発想法の本より実践力のある本になってると思う。
本の中にも「この本は発想法の入門書みたいなもので簡単に書かれています。より専門的に学びたい人はちゃんとした本を読みましょう」的なこと書かれる。この本読んで発想法の重要性が理解できればいいのかな。

んで、読んでみて一番印象に残った言葉が・・・

『アイデアは、既存の要素の新しい組み合わせである』

って言葉。ジェームス・W・ヤングってゆう偉い人が言った言葉らしいんだけどーなるほど!って思った。

無から生まれるアイデアなんてそうそうあるわけなくて、世の中にあふれるいろんな要素=情報をたくさん集めて新しく組み合わせると新しいアイデアが生まれるんだってさ。で、要素をどうやって組み合わせていくか、っていうマニュアル的なものが発想法なのさー納得や!

ってことはいいアイデアを考えるには、なるべく多くの要素=情報があったほうがいいってことなんだよね。だから、普段からいろんな情報を集めてそれを引き出しにしまっておくことが大事。
なかでも、メディアを通した情報じゃなくて、自分が五感を使って集めた生の情報(1次情報って言うらしいんだけど)てのは自分に与える影響が大きいから、一番大事にして一番多く集めるべき情報なんだって。


つまりはいろんなこと体験して、いろんなもの見て、いろんなところ行って、いろんな話聞くってことは一番大事なんだねってこと!!



ってわけでいつも素敵な本を提供してくれてありがとうございます小川のマリックさん♪
これからもよろしく!!おれもなんかGiveしたいです・・・
あっ! あの裁判録のやつまだ読んでないです・・・むしろあれはもう読めなさそうや↓ でも半分ぐらいまでがんばりました。
041.jpg

ここに載せたってことで許して・・・笑






おわり

スポンサーサイト

2006/05/08 03:15 | 未分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

いまさらですが、コメントされてないのが
本を貸した自分としてはとても悲しいので、レスります。
てかそんなにいい本だったんだね!もっかいよまして!

アイデアは、既存の要素の新しい組み合わせである
って、かのDT松本さんもゆってました。
発明将軍ダウンタウンて番組覚えてる!?あれ超好きだった!

No:185 2006/05/14 22:33 | おが #- URL [ 編集 ]

>>おがやん
おー素敵なコメントありがとう!!ぼくもコメント誰もしてくれなくて寂しい限りだったのよ・・・

発明将軍ダウンタウンーわかるようでわからない・・・どんな番組だったっけ?

No:188 2006/05/18 11:23 | からやん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。