スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

tokyo tour


映画「tokyo tower」は見れなかったけど、4月の思い出の前に書き残しておきたいことがありました。

実家から仙台に帰ってくるときに東京でちょっと時間があったので、半日で知ってる建物どれだけ見れるか選手権、題して「tokyo tower見れなかったけどtokyo tour~」を開催しました。



・フジテレビ本社ビル (丹下健三)
IMGP0228.jpg
縦横にめぐらせたフレームは建物が発展していくイメージで作られている。球体と2つの棟と立体格子がシンボリックに配置されている。

誰でも知ってるお台場のあれですね。確かに遠くから見るとまだ建設途中の建物にも見える。開発が進むお台場を象徴しているように感じられます。今度は観光行ってみたいものです。こんなバスの中からじゃ全然感動がねぇ!!



・hhstyle/casa (安藤忠雄)
016.jpg
インテリアショップhhstyle。ファサードが折り紙みたいに角度がついた壁面で、存在感のある、塊みたいな感じ。隣にある妹島和世のほうとは真逆って感じ。

店内はシックな感じで大人な感じで高級感のある感じでした。中も外壁の造形が感じられ、ところどころ角度がついて「中へ中へ」って誘われる感じでした。



・hhstyle原宿店 (妹島和世)
018.jpg
安藤忠雄のほうとは対照的に透明感のある周囲に溶け込んでいる建物。

店内には、多くの柱が立っているけど、太さを感じさせず、うまいディスプレイによって存在感も目立たず、しかし、柱によってうまく店内のリズムが作られている。天井高の問題を床を斜めにすることで、いい感じになってる。

斜めになってる床の部分もきれいにディスプレイされていて、うまくファサードから内装、ディスプレイまで、統一された「1つの建物」って感じをつよく感じた。
ただ、階段が歩きにくいのがちょっとげんなりでした。



・表参道ヒルズ (安藤忠雄)
023.jpg
巷で話題の観光スポットです。

コンセプトが「伝統を伝承する」みたいな感じで具体的に「見るだけでなく体で表参道を感じる」ってことに着目している。ケヤキ並木と同じレベルに揃えられた建物。表参道と同じ斜度になってるスロープ。店内で流れる音は表参道の映像を音にしたもの。広さを感じる吹き抜け。存在感のあるスパイラル状の動線など様々な工夫がされていて楽しい空間だった。

店内も、下からずっとぐるぐる上っていけば全部の店舗を見ることができて、MAPなしでまわることできて商業施設的には素敵な感じだった。

ロゴマークも・・・
025.jpg
表参道の「参」をモチーフにして。素敵な感じじゃないですか? 
よくわからんけど、表参道は鳥居がなんか関係してるらしくて、「鳥居から道が出てる」って感じも表わせてていいっすよねー♪作った人天才です!!



ただげんなりだったのが・・・



中央の大空間には下から上までつながってる大階段あるんだけど、上がってくとどんどん幅狭くなってくんだよねー・・・最終的に人二人通れるかどうかの幅になっちゃうのよ!!
024.jpg

ここで絶対詰まるでしょ!!ってゆうね。むしろ詰まってたけど。あそこはちょーやな感じだったわ。他はとても素敵だったけど♪






・Dior表参道 (妹島和世+西沢立衛/SANAA)
019.jpg
これまた、透明で存在感をあまり感じないファサード面。でも、ファサードがないってゆーか「全面が正面」って感じ。表参道だから存在感がないように感じるのかな?

「何階あんだかわかんねーよ」みたいな感じが出てた。箱をいくつも乗っけたって感じ。妹島和世によく見られるガラスで作られたスタイリッシュな外観。昼間はあんま目立たないけど、夜は建物自体が光るってゆう、小森谷さんの言う今の流行りで、おしゃれ感じになり、存在感を示してくれるはずです。




・Louis Vuitton 表参道 (青木淳)
020.jpg
箱どんどん積み重ねて建物できちゃったみたいな感じで、これかなりいいですよねー♪
ヴィトンが旅行用のトランクカバンから始まったブランドだから、それをイメージして箱にしたってのもおしゃれな発想です!

しかも、ただ積み重ねただけじゃなく、大小いろいろあったり、隙間開いてたり、ずれてたりってゆう、あのバランス感が最高です!!

さらに、前面がケヤキ並木ってことで仕上げもそれに合わせて木材かなんかつかってた気がする。

やばい気持ち悪い感じで、造形センス抜群!みたいなのもかっこいいけど、こうゆう単純な形の組み合わせでかっこいいの作っちゃうってのもまたすごいなー



・ONE表参道 (隈研吾)
021.jpg
商業ビルってのは普通ガラス面になることが多くなるらしいんだけど、この建物では、ファサード面に木のルーバーを使うことで、ガラスでは出せない質感を、表参道っていう特別な通りで演出してるって感じ。
確かに、あのビル群の通りではこの木の質感は素敵な存在感出してました。

森舞台でもこの人、木のルーバー使ってたよね?ルーバーにはどんなすごい力があるんだろうか?夜光ってきれいとか?質感が独特とか?視線の交わり的な?



・PRADA AOYAMA (ヘルツォーク&ド・ムーロン)
022.jpg
この建物はもうよくわかんないけど、歩いてたら見えたんでカウントです。もうすごいとしかぼくには言えないのでそうゆうことです。

ただ言えることは、昔、授業でTAの人が、「PRADAはどこに立ってても敷地には合わない建物だからどこにあっても同じ効果だ」みたいなこと言ってたけど、それは違うでしょー!!表参道て言う日本一おしゃれな通りにあるからいいんじゃん!!これが田舎の山ん中あったら明らかに無意味でしょ。って一年前ぐらいにめちゃ思ったんで今言っときます。やっと言えてよかったわー!!



・SPIRAL (槇文彦)
026.jpg
室内にある1階から2階へと続くスパイラル状のスロープが印象的。1階にはおしゃれなカフェとレコード屋が、2階にはおしゃれな雑貨屋があります。外観はアシンメントリーなガラス面が素敵で、色んな素材が積み重なってるって印象を受けます。

色々見てて思うんですけど、こうゆう通りのビルってファサードがすごい重要視されてますよね? ONEとか中はどうなってんでしょうか?全部貸しテナントとかじゃないよね?
外観だけでなく、中が気になりますよねー。入る勇気はないんですけど・・・



って感じで長々づらづらと書いてきたわけなんですが、書いてて思ったことは・・・

建築とか、デザインの勉強してない人も「デザイン」ってものにもっと興味を持ってみてもいいと思うんですよねー。

今の日本はある程度の生活は保障されてて、贅沢な話だけど、大体の人は80歳ぐらいまで生きれて、普通にしてればいい人生送れると思うんですよー。
だから、1回の人生なんだし日本人に生まれたことに感謝してこれからは、ただ生活してるだけ、目的のためだけでなく、人生をより「豊か」に過ごすってことに気にしていくべきだと思う。

だから、毎日、自分の服を気にするように、身近にあふれてるデザインってものを気にしていくべきなんだと思います。今回書いた表参道のものなんかは、デザインしてる人たちの中でも超一流の人たちが思考を凝らしてデザインされたものがたくさん並んでるわけだからきっといろいろ幸せな思いができる何かがあると思う。

デザインしてる人たちは全ての人が無意識にでも感じてもらおうと思ってやってると思うんだけど、たまにはいつもとちょっと違った目でデザインてものを見てみると今までとは違った人生が見えてくるかもしれないじゃないですか?

どうですかねー?そう思った今日この頃でした。






おわり


スポンサーサイト

2006/04/09 07:05 | 未分類COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

僕は1週間tokyo yokohamaにいましたが、
飲み屋にしかいきませんでした。
あ、東京ドームはみました。
水道橋の飲み屋で飲んだときに近くにあっただけですけどね。

No:150 2006/04/09 07:19 | neg #- URL [ 編集 ]

ファサードの話が出てたから一言、

建物のファサードは人間で言うところの「顔」だからね。
商業建築とかは特に言えるけど、モデルの顔が不細工だったら見てる人がっかりするのと一緒っすよね。

あと表参道ヒルズ行ったんすね、うらやまし。

No:151 2006/04/10 00:08 | abe #- URL [ 編集 ]

やちも東京5日間いたけどあそんでばっかりでした
表参道ヒルズはいった

No:153 2006/04/10 14:01 | やち #- URL [ 編集 ]

>>neg
いいなぁー1週間もいて~僕、都合で半日しかいられなかったんだよね・・・

東京ドームってすごいよねー気圧で膨らんでるんでしょ?あれって。


>>abe
そうだよねーおしゃれだったらとりあえず入りたくなるもんね!!
ファサードかっこいいってのは前提でそっからどんだけなのかってのが大事ってことっすよね?


>>やち
表参道ヒルズの大階段やな感じじゃなかった?向かいから来た人と絶対ぶつかるよね?

No:155 2006/04/11 01:40 | からやん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。