スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

言葉のデザイン


なんかモノ作ったとき(ブログの記事とか課題の作品とか)作品名とか題名とか普通どうやって決めるんだろ。


ってことで今回は言葉のデザインについて考えるとしよう!!


小川真理子推薦図書その2<<KOHKOKU>>
015.jpg

表紙からしてやばいねー。やりたくなるよね、僕も読まれてるんだ的な。
しかも特集が「時代が日本を向いている」!!あつい!!
って感じで、この本面白かったので、本と関連させつつ考えよ。


いい題名ってどうゆうもんだろ?って考えると、内容を明確に表現してて、インパクトが強くて、見たいって思わされて、音とか語呂とかもいい感じ。ってのがそうなんだと思う。
本には『表現の条件は【速さ】と【太さ】』って書かれてたけど。

ってこと考えてると、言葉って今、僕らの一番身近にある表現方法なんだって思う。だから言葉のデザインってすごい重要だし、デザインが一番わかりやすいものなんじゃないかって思う。だから自分たちは、自然に、無意識に、言葉を鋭い目で見てるんじゃないかって感じる。

言葉のデザインってのが一番わかりやすいのが、英語と日本語。
英語は意味の強さ、伝達の早さ、メッセージ性の強さって面で日本語より優れてる。って本に書かれてる。つまりはインパクトの強さとわかりやすさ。

確かに、「かっこいい仕事場」って題名よりも「cool office」って題名のほうがインパクト強いし、かっこいい。(わかりやすさは微妙だけど・・・本の題名としてはしっくりくると思う)

現実にも、かっこよさや第一印象が重要視されるゲームソフトや曲名には英語や横文字が使われることが多い。
更に言えば、日本によって勝手に作られた英語的造語も存在する。

このことを踏まえるとやはり現代の日本では、英語的、横文字的言葉が流行し、多用されていると考えられる。



だけれど、僕たちはどこまで行っても日本人である。日本という島国で育ち、日本の自然の中で育ち、ずっと日本語を聞いて育ってきた。
そういった日本独自の背景があるため、日本人は日本語という言葉を認識したときに、潜在的に何かを感じるのではないだろうか。

日本独特の四季折々の自然のなかで微妙に変化する色合いに対応した言葉。各地で使われる方言。ひとつの意味でも何通りもの言葉がある。音や響きで美しく表現される言い回し。若者によって新しい日本語もできている。日本で生まれた俳句、短歌・・・とか他にも日本語にしかない言葉の特徴は多々ある。一言で表現が可能な漢字もある。(日本生まれじゃないけど・・・)

このような日本語を駆使すれば英語にも負けない、むしろ、英語よりもすばらしい日本語の表現、言葉を作ることができると思う。


・・・って書いてみたけど実際、こうゆうの日本語で考えるのって難しいよね?
明らかに英語のほうが簡単にかっこいい言葉になるんだよねー
日本語は難しい。・・・でも作りたい、かっこいい日本語!!

今回の題名「言葉のデザイン」=「ことば遊び」かな?



最後に、本に書いてた大事そうな言葉。

『気持ちを動かし、行動を促す要素』
・明快性:シンプルでわかりやすいか
・五感性:五感を刺激するか
・未完性:向上する余地があるか
・持久性:長く心に残るものがあるか
・意外性:意外な驚きがあるか

今度からなんか考えるときは、これ頭に入れてやーろー。



おわり

スポンサーサイト

2006/03/03 06:56 | 未分類COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

かっこいいことかいてるなぁ、しかし、長い。

オレは”和”が好きだから、(英語は勉強し続けるけど)なるべく、なにか考えるときは日本語で考えるようにしてる
例えばこの記事のタイトルも「言葉のデザイン」じゃなくて「日本語は何処を行くか~く~るな日本語~」みたいなね?

ま、よくわかんねぇけど

No:98 2006/03/04 02:08 | 川井と有頂天ホテル #- URL [ 編集 ]

日本語のほうが語尾の違いだけでも
相手に受け取られる印象が変わったりするよね!
助詞とか助動詞ね!
だから字面的に英語のほうがかっこよく聞こえるときもあるけど
日本語すげーってあたしはいろんな場面で感じてしまう!
そんで日本語話せてよかったー!って思うのです
微妙なニュアンスが伝わるのはやっぱり日本人だやー
でも確かにまわりくどくなったりもするから
英語の伝達の速さもすんばらしい!とも思う

やっぱ言語は奥がふけー!!

No:99 2006/03/04 23:14 | さおぴー #- URL [ 編集 ]

>>かわちゃん
その題じゃ、わかりにくいし。インパクトもたんねーなー。もっとキャッチーじゃないと!!
やっぱ「ことば遊び」がしっくりくるだろー!!

ってか君ペネト途中で帰った?



>>さおぴー
確かに。そうゆう日本語の微妙な言い回しが僕も好きです。ひとつの感情に対しても、日本語だったら一番適してる言葉選べるもんね。あと、英語は敬語とかないってゆうからねーその辺が良くもあり悪くもあるって感じ?

あと、字幕と吹き替えにしたときの不自然さ的な?笑

No:102 2006/03/06 04:03 | karakamayan #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。